新百合ヶ丘・栗平|バレエを習っているバレエダンサーやダンス関係者のための整体なら、稲城ひらお整体院にお任せください。栗平駅徒歩17分で、土曜日も診療しております。バレエ整体でお困りでしたら是非稲城ひらお整体院で施術を受けてみてください。稲城ひらお整体院をご利用いただいているお客様の65%がダンス関係者ですので、バレエダンサーならではのお悩みを解決致します。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:042-350-8808
受付時間/9:00~ 20:00(最終受付)
休診日/水曜日・日曜日(その他不定休あり)
公開日:2017年4月29日
最終更新日:2018年12月7日

お世話になります。
稲城ひらお整体院バレエ外来
津端雄大郎です。

ゴールデンウイークは
好天からスタートしましたね。
中には9連休の方もいらっしゃるとか。

どうでもいい話ですが
私は5日以上休むと
諸般の不安の方が大きくなり
却って疲れてしまうタイプです。

さて、今回は
「バレエの悩みは引き上げへ回帰する」
を投稿します。

ご一読ください。

バレエの必須条件は鉛直方向への引き上げ

ballet0429_2

クラシックバレエを踊る上で
前提条件になっているのが
「体を鉛直方向に引き上げる」
動作です。

鉛直とは、重力に対して垂直
地面に対して90度の角度を意味します。

この方向へ体を引き上げるつづけることが
クラシックバレエの動作を実演する上で
絶対的に必要になる要点です。

限りなく体を直線的に保つ意味

ではなぜ、
鉛直方向に引き上げ続けることが
大切になるのでしょうか。

それは、
鉛直方向に引き上げ続けることで
限りなく体を
直線的に保つことができるからです。

人間の背骨は自然湾曲という
滑らかなカーブを描いています。
骨格模型も、横から見ると
背骨はS字を描いています。

これは、
日常生活を送る上では

荷重負荷のクッションとして
また

日常動作を行う上での
可動域の融通をきかせる上で
役に立っていると言われます。

特に女性であれば
多少の反り腰や出っ尻は
ある程度は自然の範疇にあります。

しかし、
クラシックバレエの動作においては
この自然な湾曲は
好ましくない一面を持ちます。

体全体が
限りなく直線に近い方が
回転する上で、

より小さいエネルギーで
クイックでキレのある動作を
行いやすくなります。

トゥシューズの先端という
小さい面積の上に

体全体を預けて立たせる時も
体のラインは直線に近い方が
バランスが取りやすいのです。

ballet0429_3

子供の頃、
傘やホウキの先端を
手のひらにおいて
ヤジロベーのように
バランスをとって
遊んだ経験はありませんか?

その際、
傘やホウキの柄が
曲がっていたり沿っていたら
バランスが取りにくくなりますよね。

クラシックバレエの動作において
鉛直方向の引き上げが
絶対に重要なのは
この点にあります。

反り腰=腰部でたわんでいる

例えば、
反り腰で悩んでいるバレリーナにとって
「反り腰の何がいけないの?」
と質問すると、大半の方は
答えられないのではないかと思います。

先生や指導者の方から
「腰が反っている」
と指摘されても、実害を感じていない方もいます。

先述の理由から
反り腰のバレリーナは

腰の部分で体全体の直線が
たわんでしまっていると
言い換えられます。

そうすると、
バランスが取りづらく
回転エネルギー効率が下がり
ストレスの逃げ場が
湾曲している腰部に集中してしまう
というデメリットが発生します。

だから、先生や指導者の方は
反り腰を注意する傾向にあります。

出っ尻=股関節でたわんでいる

バレリーナに多いお悩みの
出っ尻でも同じことが言えます。
股関節水準で体全体の直線が失われている状態が
平たく言えば出っ尻です(もちろん例外もあります)

この場合、股関節や大腿に
ストレスの逃げ場が集中してしまう傾向にあります。

また、審美性も良くないため
反り腰と同じくらい指摘されやすい問題です。

前肩=頸部や背部でたわんでいる

前肩、前首、アゴが出ているなどの
問題も、機能的に問題を考えるならば
体全体の直線性の欠如にあります。

本来
頭部は若干前方に出ている傾向にあり
PC作業やお勉強などでも
肩は多少、前に入っていた方が
色々と都合がいいのです。

頭部は重く、
その位置や角度によって
体全体の体系を変化させてしまうので

クラシックバレエを踊る場合は、
体の真上に置いてある状態が理想とされます。

このような理由から
反り腰も出っ尻も前肩も
最終的には
「体全体の」鉛直方向の引き上げが
改善のための必須条件になるのです。

ほとんどの問題は「鉛直方向への引き上げ」に回帰する

ballet0429_1

今回は、特に多い
反り腰・出っ尻・前肩という
側面から
鉛直方向への引き上げの
重要性を書きましたが

ターンアウトが開かない、
バランスが取りにくい、
プリエが落ちない、

などの頻発する
バレエのお悩みにも
絶対に関与している要件です。

家電でいうならば

「コンセントを挿す」だとか
「電源スイッチを入れる」レベルの

基本であり、重要要素になります。

なぜここまではっきり言うのかというと
クラシックバレエの動作体系が
全て引き上げを前提に構築されているからです。

表現としての動作はもちろん、
「ここをこうしたらこうなる」
という
テクニック的な枝葉末節は無限に広がっていますが

基本操作のイの一番は
「引き上げの持続」
これに尽きると確信しています。

整体院リエールについて

 

この記事のキーワード

稲城ひらお整体院

住所 〒206-0823
東京都稲城市平尾1丁目29番地7号アビニヨン102
■小田急線[新百合ヶ丘]駅からバス14分
■小田急線[栗平]駅からバス8分
■小田急バス[上平尾]停留場徒歩30秒
電話番号 042-350-8808
ホームページ https://www.s-lierre.com
メール お問い合わせフォームよりご連絡ください。
QRlogo

ご予約・ご相談はLINE
でも対応しております

バレエ障害からターンアウトの修正まで

稲城ひらお整体院バレエ外来では
クラシックバレエの不調や
突発的なケガはもちろん

バレエ動作の改善や
パフォーマンスアップまで

クラシックバレエに
関するお悩み全般に
専門的に対応しています。

痛みや不具合を自覚されない方も
パフォーマンス向上を目的とされる方も
舞踊に関するお悩みのある方は
ぜひ当院へお越しください。

側湾症、姿勢不良、ストレートネックも

クラシックバレエの整体から派生した
脊椎側湾症の整体、姿勢不良の整体、
ストレートネックの整体も行なっています。

自助努力だけでは難しい問題に
専門的な技術と知識で対応します。

美しい姿勢はバレエのメソッドから。

ご予約の方法について

お電話でご予約いただく場合

042-350-8808まで
「整体の予約をお願いします」
とお電話ください。
現在お困りの症状、ご来院日などをお伺いさせていただきます。

メールでご予約いただく場合

以下のフォームをご記入の上、送信ボタンを押してください。

お名前 必須
メールアドレス 必須
ご希望日 必須
ご希望時間 必須
メッセージ本文 任意

この記事の著者

稲城ひらお整体院
稲城ひらお整体院
記事一覧

著者一覧