新百合ヶ丘・栗平|バレエを習っているバレエダンサーやダンス関係者のための整体なら、稲城ひらお整体院にお任せください。栗平駅徒歩17分で、土曜日も診療しております。バレエ整体でお困りでしたら是非稲城ひらお整体院で施術を受けてみてください。稲城ひらお整体院をご利用いただいているお客様の65%がダンス関係者ですので、バレエダンサーならではのお悩みを解決致します。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:042-350-8808
受付時間/9:00~ 20:00(最終受付)
休診日/水曜日・日曜日(その他不定休あり)
公開日:2016年12月17日
最終更新日:2018年12月7日

こんにちは。

お世話になっております
稲城ひらお整体院バレエ外来
津端雄大郎です。

年末年始はコンクールや発表会が多く
お陰様で平素よりも忙しく、
ブログへの投稿頻度が若干低下しております。

当ブログ継続してご覧いただいている方には
ご迷惑をおかけいたします。

本日は
体の硬さと弱さの違い
を投稿します。

ご一読ください。

硬さと弱さの違い

バレリーナの体を部位別に考えた際に
その部分が硬いのか、弱いのかで
アプローチ方法がかなり変わってきます。

硬いというのは周辺組織などの
柔軟性が低下している状態で
オーバーワークや負荷の集中などが
原因として考えられます。

弱いというのは周辺部位の
筋力が低下していたり、
支持力が低下している状態で
コンディションの悪化による
機能の低下・失調を意味します。

硬い状態が長く続いて、
弱い状態になるケースが一番多いです。

硬い状態へのアプローチ

flex

硬い状態へのアプローチは
基本はストレッチ的な思考に基づきます。
別にストレッチではなく整体でも
マッサージでも鍼灸でも構いません。

もちろんやりすぎはご法度です。
組織損傷を起こしたり、
局所痙攣を起こしたりします。

弱い状態へのアプローチ

tohu

弱い状態へのアプローチでは
ストレッチやマッサージなどは
あまり優先されません。

もっとも大切なことは
安全に負荷をかけて
低下した機能を再度回復させる
ということです。

リハビリ、というイメージが
ぴったりくるように思います。

大怪我をしたわけでもないのにリハビリ?
と思われるかもしれませんが
理論的には同じことだと思います。

弱い状態のところへ
ストレッチやマッサージを
熱心に行っても
根本的な問題はあまり完全しません。

むしろ必要以上に弛緩させてしまい
かえってバランスが取れなくなったり
不具合が増強してしまうことさえあります。

硬い状態は別の場所に弱い状態を作る

硬い状態が発生してしまうと
ほぼ確実にどこかに弱い状態を
作ってしまいます。

特に多いのは拮抗筋と呼ばれる関係で
前後や表裏に弱い部分を作りやすくなります。

硬い状態の解除→弱い状態の強化
の順に処置していくのが
一番効果的なように思います。

順序を間違えると一気に悪化する、
というわけではありませんが
大半は効果が下がるように感じます。

慢性的な症状ほどプランが重要

捻挫や挫傷など
突発的な外傷では施術の順序や
プランはさほど重要ではありませんが

慢性的な症状や悩みの場合は
アプローチするプランの有無は
重要になります。

というのも
硬い状態と弱い状態の関係性が
かなり長いこと続いているため

全体のバランスがその状態で
ある程度安定してしまっているからです。

このような場合、
多少積み木的な思考が必要になります。

そのため改善の途中で一時的に他部位へ症状が
飛んだりする事もしばしばあります。

新しい状態で安定させる

古いバージョンでのバランスを整え
新しいバージョンでのバランスで安定させるまでが
慢性的バレエ疾患の治療プランになると思います。

全体のバランスが変わっても
体の運用の癖が以前のままだったりすると
新しいバランスに慣れるまでは
体の取り回しに違和感を感じたり

以前とは違う部位に疲れやストレスを感じます。

そうすると、体は無意識に
バランスを以前の状態に戻そうとする傾向にあります。

そのバランスで痛みや不具合がなければ
別に良いとは思うのですが

トラブルや不調がある場合は
「元に戻ろうとする働き」を
意図的に制限していく必要が出てきます。

この流れをしっかり処理すると
バランス改善が定着するようになります。

地道なアプローチ

 

新しい状態で安定させるためのアプローチは
とても地味で地道です。
およそバレエの動作とは関係がないようなレベルまで
動きを小さく小分けにして修正していきます。

整体のみで動作修正まで
出来てしまえばいいのですが
そう楽々とはいきません。

愁訴の緩和と動作の改善は
全く別物だと最近とみに思います。

硬いものは柔らかく、弱いものは強く

kawara

まとめるとシンプルにこのタイトルになります。
なぜこの記事を投稿したかというと

弱いものを柔らかくしようとしたり
硬いものを強くしようとして
努力が裏目に出てる方が多くいらっしゃるからです。

弱い部位は大体フニョフニョしてます。
ただし動きの中では役割を果たせないので
硬いように見えてしまいます。

硬い部位は案外筋力は強いです。
ただし強すぎる張力で、弱い部分の
足かせになってしまっていることが少なくありません。

硬い部分を強化しすぎるとどんどん硬くなり
弱い部分をストレッチしすぎるとどんどん弱くなります。

部位ごとの状態・属性を考えて
セルフケアのメニューを組むと
とても効果的です。

 

この記事のキーワード

稲城ひらお整体院

住所 〒206-0823
東京都稲城市平尾1丁目29番地7号アビニヨン102
■小田急線[新百合ヶ丘]駅からバス14分
■小田急線[栗平]駅からバス8分
■小田急バス[上平尾]停留場徒歩30秒
電話番号 042-350-8808
ホームページ https://www.s-lierre.com
メール お問い合わせフォームよりご連絡ください。
QRlogo

ご予約・ご相談はLINE
でも対応しております

バレエ障害からターンアウトの修正まで

稲城ひらお整体院バレエ外来では
クラシックバレエの不調や
突発的なケガはもちろん

バレエ動作の改善や
パフォーマンスアップまで

クラシックバレエに
関するお悩み全般に
専門的に対応しています。

痛みや不具合を自覚されない方も
パフォーマンス向上を目的とされる方も
舞踊に関するお悩みのある方は
ぜひ当院へお越しください。

側湾症、姿勢不良、ストレートネックも

クラシックバレエの整体から派生した
脊椎側湾症の整体、姿勢不良の整体、
ストレートネックの整体も行なっています。

自助努力だけでは難しい問題に
専門的な技術と知識で対応します。

美しい姿勢はバレエのメソッドから。

ご予約の方法について

お電話でご予約いただく場合

042-350-8808まで
「整体の予約をお願いします」
とお電話ください。
現在お困りの症状、ご来院日などをお伺いさせていただきます。

メールでご予約いただく場合

以下のフォームをご記入の上、送信ボタンを押してください。

    お名前 必須
    メールアドレス 必須
    ご希望日 必須
    ご希望時間 必須
    メッセージ本文 任意

    この記事の著者

    稲城ひらお整体院
    記事一覧