新百合ヶ丘・栗平|バレエを習っているバレエダンサーやダンス関係者のための整体なら、稲城ひらお整体院にお任せください。栗平駅徒歩17分で、土曜日も診療しております。バレエ整体でお困りでしたら是非稲城ひらお整体院で施術を受けてみてください。稲城ひらお整体院をご利用いただいているお客様の65%がダンス関係者ですので、バレエダンサーならではのお悩みを解決致します。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:042-350-8808
受付時間/9:00~ 20:00(最終受付)
休診日/水曜日・日曜日(その他不定休あり)
公開日:2016年10月29日
最終更新日:2018年12月7日

こんにちは。
お世話になっております
稲城ひらお整体院バレエ外来
津端雄大郎です。

柔らかい体を手に入れるために
日々のストレッチや柔軟を欠かさない方も
多くいらっしゃると思います。

かといって一概に、とにかく体が
柔らかければいいのかというと
そういうわけではないのが現状のようです。

今回は
柔軟性が裏目にでるケース
を投稿いたします。

体が柔らかいことにもデメリットはある

flex

体を柔らかくしたい、柔軟性を高めたいというニーズは
バレリーナにはとても多く、たくさんの方が
これを目的として来院されています。

純粋に体が硬いと言える人も多いのですが、中には
可動性のテストをすると手のひらがべったり余裕で
床につく方も少なくありません。

これは一般的には十分体が柔らかいと言われるレベルです。

後者の例は、組織の柔軟性が不足しているのではなく
なまじ柔軟性が高いために体の取り回しが難しく
結果として柔軟性が低いと誤解されている方たちです。

体が柔らかいと動作的に合理性のない動きや立ち方が
『無理すれば出来てしまう』という隠れたデメリットがあります。

一見すると機能しているようですが、特定の部位に
負担が集中していたり、動作的な矛盾が内在していたりするため

柔らかいはずなのに開かない、関節がきしむ、必要以上に
筋肉が張るなどの症状が出ます。

脱力した状態での柔らかさとは

bed

上記のように元からある程度体が柔らかい方が
バレエを踊る上で柔軟性不足を感じる場合、
大体は『脱力した状態での柔らかさに頼ってしまっている』のが
原因であると考えられます。

体の緊張は少ないに越したことはないのですが
全くなくなってしまうと、今度は締まりが無くなってきます。

結果だらっとした立ち方、踊り方になってしまい
重力に対抗して足を高くあげたり、背中を引き上げることが
困難になってきます。

一定の緊張下での柔らかさとは

sprits

床に足をついてしっかり体を引き上げた状態では
完全な脱力状態ではなく
むしろ体は緊張状態にあります。

バレエにおける実用的な柔軟性とは
一定の緊張下における柔軟性と言えます。

つまりまっすぐ引き上げた状態で
柔らかくなければ役に立たないのです。

この状態を実現する上で重要なのは、
組織の柔軟性以上に
筋力、それも絶対的な強さではなく
相対的にバランスのとれた筋力であると考えます。

どこか一箇所でも劇的な筋力低下がある場合、
体の柔軟性は大きく低下するからです。

ただしベッドの上で横になり、重力から解放されている場合は
この限りではありません。
ですので、リラックスした状態での柔軟性は
抗重力下の柔軟性とは似て異なります。

一定の緊張下での柔らかさ=まっすぐ立った状態での柔らかさ
と覚えておいてください。

柔軟性の高さは不安定性とも言える

体が柔らかいとまっすぐ立った状態でも
体が硬い方に比べて安定性が低くなる傾向にあります。

ただ立つだけでも、体のコントロールは
柔らかい人の方が難しいのです。

また動作的に矛盾のある体の使い方でも
体の柔らかい人は一見すると出来てしまいます。

足首がとても柔らかいバレリーナは
ターンアウトに際して膝ねじれを起こしやすい
傾向にある、など

高い柔軟性にはシビアなコントロールが
要求される一面が必ずついてきます。

柔らかい人ほど強い引き締めを

ウエスト

本来柔らかい人ほど、立って踊る上では
コントロールが難しく、その結果

柔らかいはずなのに柔軟性不足を指摘されるという
よくわからない状況になりがちです。

これを改善する上で、安定した引き上げと
しっかり開いたターンアウトが絶対に必要になります。
柔らかくてズレやすい分、保持を強くしないといけません。

ですので、本当は柔らかいのに
踊ると硬さを感じる方に対しては
身体を固定・安定させる方向へ施術を行います。

逆転しているように感じられますが、一度中心を
固定して体の保持力が上がると、持ち前の柔らかさが
正常に働いて、一定の緊張下でも柔軟性が保たれます。

過剰なストレッチによる負傷と筋力低下に注意

体を柔らかくしようと過剰なストレッチを行うと
怪我だけでなく、筋力の低下を起こすことがありますので
ご注意ください。特に今回の投稿で取り上げた

『本当は柔らかいのに踊っている時に硬くなる』方は
どうしてもオーバーストレッチ傾向になりがちです。

そうなると必要な体の保持力はさらに低下し、
ドツボにハマりやすくなりますので
ストレッチで行き詰まりを感じた方は
引き上げとターンアウトをもう一度見直してみてください。

この記事のキーワード

稲城ひらお整体院

住所 〒206-0823
東京都稲城市平尾1丁目29番地7号アビニヨン102
■小田急線[新百合ヶ丘]駅からバス14分
■小田急線[栗平]駅からバス8分
■小田急バス[上平尾]停留場徒歩30秒
電話番号 042-350-8808
ホームページ https://www.s-lierre.com
メール お問い合わせフォームよりご連絡ください。
QRlogo

ご予約・ご相談はLINE
でも対応しております

バレエ障害からターンアウトの修正まで

稲城ひらお整体院バレエ外来では
クラシックバレエの不調や
突発的なケガはもちろん

バレエ動作の改善や
パフォーマンスアップまで

クラシックバレエに
関するお悩み全般に
専門的に対応しています。

痛みや不具合を自覚されない方も
パフォーマンス向上を目的とされる方も
舞踊に関するお悩みのある方は
ぜひ当院へお越しください。

側湾症、姿勢不良、ストレートネックも

クラシックバレエの整体から派生した
脊椎側湾症の整体、姿勢不良の整体、
ストレートネックの整体も行なっています。

自助努力だけでは難しい問題に
専門的な技術と知識で対応します。

美しい姿勢はバレエのメソッドから。

ご予約の方法について

お電話でご予約いただく場合

042-350-8808まで
「整体の予約をお願いします」
とお電話ください。
現在お困りの症状、ご来院日などをお伺いさせていただきます。

メールでご予約いただく場合

以下のフォームをご記入の上、送信ボタンを押してください。

お名前 必須
メールアドレス 必須
ご希望日 必須
ご希望時間 必須
メッセージ本文 任意

この記事の著者

稲城ひらお整体院
稲城ひらお整体院
記事一覧

著者一覧